財布には395円。貯金残高35円。こんな時あなたはどうする?

11月1日

財布の中身、500円以下になってしまった。こんなにお金が無いのはいつ以来だろうか

きっと、小学生以来だ。

 

中学生の頃は少なくとも財布の中に千円札がいつも入っていた覚えがある。
それが、今は395円。
給料日まであと10日ある・・・
貯蓄もない。
 
お金は無いのに、歳だけは取ってるのが辛い。今、自分は30歳になる。
契約社員をしていて、独身で、アパート借りて暮らしてる。
いつもは、お金は無くてもここまでお金が無くなることはなかった。
今月は、同級生の結婚式が2件もあり、こんな状態に。

 

こんなときのために、少しでもいいから貯蓄しなければならないのは分かってはいるけれども、なかなか難しいのが現実。
少なくとも、ボーナスがあればと思うけれど、今はボーナスが無い会社も多くあるから仕事があるだけまだマシだと思うようにしているのだ。

 

いまさら、年金生活の親にお金を借りるのも気が引ける上に、心配をさせてしまうと思うとできない。
だからと言って、友人にお金を借りるのも気が引ける。

 

こんなときに、カードローンというものがあるのか?
スマホ片手にそう気づいた。
カードローンなんて、ぜいたく品を買うために使うものと思っていて、
利用する人の気が知れないと思ったことが何だか恥ずかしい。

 

今の自分はぜいたく品さえも買ってない、生活ができそうもないのだから。

11月2日

お金を借りるときは、銀行の方がいいと聞いたことがあった。
利息が低いから、返済額がかなり違うということも。

 

ごく当たり前に銀行に行く。
カードローンのために行くんだから、うかない顔をしていたはずだ。

 

人生初のお金の借り入れ、もしかすると会社にばれないか?とか、少し不安になることもある。
銀行に入るところを見られたからと言って、それがそのままお金を借りに行っているという人はあまりいないはず。
こんな事情もあるので、お金を借りるのであれば銀行でというのがベストな選択のようだ。

 

きっと、銀行でお金を貸して貰えなかったら、そのまま何も買わずに帰宅しなければならない。

 

残りのお金で何が買えるだろうか?と考える。
米はあったから、おかず・・・安い納豆でも買えばなんとか乗り切れるかもしれない。
豆腐、もやし・・・この間、テレビで観た節約レシピ、ここで役立つなんて思わなかった。
何だかありがたいことだと思ってしまった。
いつも自炊するのが面倒ということもあって、家で食事を作ることはなかった。

 

夕食に1000円毎日使っていたという自分、今は小銭が少しだけある自分。
こんなときに、あーお金を貯めておけばよかった。と本気で思った。
少しでも貯蓄があると安心感が違う。

 

結局、銀行でお金を借りるには今日は難しいとのこと。

 

やむなく諦めることに。

 

今日、お金をかしてくれるところはあるのだろうか?

11月3日

今日は11月3日、文化の日だ。

会社は休み。

 

昨日の仕事帰りに、飲みに誘われたが無難に断る。
「いつもなら断らないクセに。」
そういわれたのがちょっと気になっていた。
そりゃそうだよ、お財布の中に395円。
でも昨日お金使ったから200円切ってしまったのだ

 

昨日、スーパーに行って納豆を買った。
納豆だけを買うためにレジに並ぶのがやや恥ずかしかったが、仕方ない。
本当ならば、コンビニに行けばあまり恥ずかしくもなかったのだが、納豆もコンビニよりスーパーの方が20円くらい安いのだ。

 

 

前々からそれは知っていたのに、ついつい面倒ですべてをコンビニで済ませていた自分・・・
いずれこうなるべき人間だったのか?
いや、そう思うと悲しくなるから止めときます。

 

仕事は休み。お金が無いから家にいる。
テレビを観る。

 

何だか切なくなるのだ、テレビも電気代掛かっているから見ない方がいいのではと考えてみたけれど、来月の給料後に電気代の引き落としがあるから大丈夫と気が付き、またリモコンのスイッチを入れる。
とりあえず、今日はやる気も出ず・・・

 

あ、冷凍庫に夏買ったアイスクリームあったから、寒いけどあれを食べよう。

 

あとは、いっぺんにご飯を炊いて、塩でもかけて食べよう・・・
水飲んでればとりあえず大丈夫だろう。
お金のことは明日また考えることにしようと決めた。

 

人生でこんな日が来るとは思わなかった、悪い意味でだ。
自分が今、不幸な立場にいることにやっと気が付いた。

11月4日

カードローンのために、まずはプロミスへ

 

とうとう、ローン会社を使ってみることにした。

 

ここを選んだ理由、なんとなく頭に残っていたし、前の職場の先輩がここでお金を借りていたからだ。
スマホで借りられる話を聞いていたけれど、スマホに買い替えたのも最近だし不慣れで時間が掛かるかもしれないから、直接店舗に行ってみることにした。

 

その前に、プロミスで検索したらかなりの店舗がヒットした。
気にしていないと分からないものだけど、実はたくさんの借りられる場所があるようだ。
無人の契約機で、申し込みできるということが分かったけれど・・・。

 

よく考えてみると、そこに入るのを誰かに見られると後あと面倒なことになるかもしれないと思い、やっぱりスマホで借りようと予定変更。
スマホに慣れていないといって、慣れようともしない自分に反省。

 

プロミス、スマホで検索して借り入れの申し込みをする。
運転免許証が本人確認に必要で、アプリを使って申し込めるようだ。
スマホからの借り入れの申し込みでも、急がないのであれば郵送とか来店って方法も選べるらしい。
自分の場合は、急ぎなのでこの方法で借り入れるしかないらしい。

 

 

借入額は10万円にした。
結婚式2回分で10万円は使わなかったものの、それに近い額を使ったからだ。

 

 

これでとりあえずは、大丈夫。
ちゃんとした食事を摂ろう!

11月5日

何だかホッとしている自分がいる。
お金を借りることができて、なんとかご飯食べることができるとホッとしている。

 

もちろん、このお金は借りたお金。
給料日が来たらすぐに返すつもりだから、何も悪いことはしていない。
お金を借りるまで米に納豆、ふりかけでしのいだ。

 

昼食は社員食堂(給料天引きで食事可能)で済ますことができたのが救いだ。
社員食堂なかったら、倒れていたかもしれない。

 

 

実は、自分は食いしん坊だ。

 

いけないとは思ったけれど・・・
プロミスから借りたお金で、

 

どうしても食べたかったとんかつ定食を食べて来た
 
うまい!!!(涙
 
いつもはガツガツ食べていたのに、なぜか味わって食べる自分。
やっぱり、お金が無いということで考え方や行動に少し変化があるように思う。

 

財布にはあと福沢諭吉様が9人いる。
でも、My諭吉ではない。
レンタル諭吉なのだ。

 

だから、使ってはいけない、いけない・・・。
お金があっても使えない、使ったらいけないと自分に言い聞かせる。
これは返さなければならないお金なのだ。

 

11月5日、自分はいろんなことを考えた。
お金を借りることができたからいいものの、借りられなかったらどうしただろうか。
きっと、他のところに借り入れをしただろう、でもそれも無理だったら?
考えると恐ろしくなって来た。

 

 

消費者金融比較サイト

お金に困っている場合、下記の即日融資関連コンテンツが参考になりまっせ。
e-即日融資